2020年7月15日、くるとんより発売!新刊本『龍と鳳凰に逢いに行く』のメイキングサイトです。 山口県・周防大島に遺る社寺彫刻のことや、本の制作の様子をご紹介します!

屋根にも

社寺彫刻はたいてい屋根の下にありますが、視線を少し上に向けると、屋根の上の瓦にも様々な装飾が施されています。
屋根の先のほうの瓦(巴蓋と呼ぶらしい)には、獅子がいることが多いのですが、この獅子のポーズや表情もいろいろでとても面白いんです。獅子ではなく他の生き物のこともあります。彫刻と併せて見て欲しいポイントのひとつです。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 龍と鳳凰に逢いに行く