2020年7月15日、くるとんより発売!新刊本『龍と鳳凰に逢いに行く』のメイキングサイトです。 山口県・周防大島に遺る社寺彫刻のことや、本の制作の様子をご紹介します!

本殿の龍

神社の建物はたいてい手前から拝殿→幣殿→本殿と続いています。拝殿は祭祀・礼拝を行うための社殿、本殿は神霊・神体を安置してある社殿、その間にある幣殿は神前への供物などを置く社殿です。
『龍と鳳凰に逢いに行く』では、本殿にある彫刻の写真も掲載していますが、本殿はあくまでも神の場所。礼節をもって彫刻を拝見してくださいね。
写真は、本には掲載していない龍。神社の本殿にいます。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 龍と鳳凰に逢いに行く