2020年7月15日、くるとんより発売!新刊本『龍と鳳凰に逢いに行く』のメイキングサイトです。 山口県・周防大島に遺る社寺彫刻のことや、本の制作の様子をご紹介します!

へんがく

『龍と鳳凰に逢いに行く』の本文にときどき出てくる「扁額(へんがく)」という言葉。扁額とは、建物の入り口の高い位置に掲げてある額のことだそうで、お寺にあるものは寺額や山号額、神社にあるものは神額などとも呼ばれます。社寺を訪れる際には、拝見していただきたいポイントのひとつ。額縁に龍が彫られていることも多いです。
写真は、社殿の中に掲げられていたもので、社殿の外(向拝)には別の扁額がありましたよ。お見逃しなく。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2020 龍と鳳凰に逢いに行く